こんにちは👋😃藤川です😉

自分の食事を見直そう! 

Screenshot_20211110-160728_Yahoo!

更年期とは 「更年期」とは閉経をはさんだ前後約10年間のことを指します。たとえば閉経が50歳の場合、45~55歳あたりが更年期となります。 

初経の年齢が人それぞれ異なるように、閉経の年齢にも個人差がありますが、女性なら誰にでも訪れるものです。 また、更年期に女性ホルモンであるエストロゲンの低下が原因で起こる症状を「更年期症状」といい、症状が重い人もいれば、軽い人もいます。

自分の更年期症状と上手に付き合っていくことが、更年期を元気に乗り切るコツです。

 更年期とホルモンバランスの関係 更年期の不調はエストロゲン(女性ホルモン)を分泌する卵巣と、分泌を指令する脳のバランスが崩れることで引き起こされます。 若いころは、エストロゲンの分泌量が低下すると、脳が卵巣に分泌を促すよう指令を出していたため、エストロゲンの量は保たれていました。 

しかし、更年期になり卵巣機能が低下すると、いくら脳が卵巣にエストロゲンを分泌するように指令を出しても、エストロゲンの分泌量が増えなくなるのです。 そのような状態が繰り返されるうちに、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れ、イライラやほてりなど、さまざまな不調が起きてしまうのです。 

確認してみよう! もっと素敵にエイジング! 「更年期からの女性の健康」 ホルモンバランスを ととのえるための食生活 不規則な食生活をしていると自律神経のバランスが乱れやすくなります。 自律神経のバランスの乱れはホルモンバランスの乱れに繋がるため、毎日3食規則正しく食事をとることを基本とし、バランスのよい食事と合わせて、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンやホルモンバランスをととえる作用が期待できるビタミンEなどの栄養素を摂取しましょう。 

ホルモンバランスを ととのえる食習慣 3食きちんと食事をとる バランスのよい食事を心がける おすすめの栄養素を摂取する 。これが一番です。

わかっていても中々コントロール出来ないものです。食べてもないのに痩せなくなったとか、運動してもお腹だけ引っ込まない!笑あるあるって感じです!

こんな内容にめげないような精神力を作ることが(^.^)一番です。

そのためには明るく楽しくを考えるようにしてみませんか?

今週も半分❗残りの週末もお楽しみに🎵

本日は久しぶりにキャナルシティに来てみました~びっくり!!!静かすぎます❗

イルミネーションも楽しそうな感じもなく(^_^;)ちょっと残念

20211110_151105
20211110_150606

ということで今日も1日お疲れさまでした~

🌟本日のゲッターズさんからの一言

仕事や勉強や苦手なことをサボってしまうのは仕方は無いけれど、楽しいことや喜べることを見つける努力をサボらないように。